はじめまして。大橋慎也と申します。


私に関してのプロフィールなどはブログでも公開しています。

http://wwwwwwww.link/?page_id=13


”自動で稼ぐ”などと 申し上げたので、「何か怪しい」と感じた人が居るかもしれません。


ただ、今から、お話する話は、決して怪しい話でも、巷で流行の夢物語でもは、ありません。


「誰でもできるような単調作業を積み重ねる事で、アクセスと報酬が発生する仕組み」であって、
最初から設置設定すれば、後は全自動で金になる…というような実現さえ不可能な夢物型を語るつもりは、毛頭御座いません。



もしも、あなたが、、難しい文章力が必須となる、ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトで「自分の時間と力の限界」を感じながら まるで、自転車操業のような作業を繰り返しても、まともに稼げなかった… そんな悔しい思いを経験しながらも…

自分でも、コツコツと頑張れば、結果を出せるビジネスが必ずある」


そう信じているならば、引き続き、この手紙を お読み下さい。


この手紙では、最初からコピー、ペースト、クリック という、まるでルーチンワークのような単調作業を積み上げながら 自動化の仕組みをフル活用し、合計3つのアクセスポイントからアクセスと報酬を積み上げながら人工知能を上回る成長型コンテンツの仕組みを作り上げる方法をお伝えします。


もしも、あなたが…
月額経費0円のサイトを使い倒して、アクセスと広告収入を稼ぎながら、そのパワーを使って「サイトの自動構築」を2001年に発足したシステムの機能を活用する事で、最終的に、手放し、ほったらかし状態で収入を構築する事を目指す仕組みに興味があれば、ほんの3分程度お付き合い頂ければと思います。


まず初めにClock Work System「CWS」のシステム、そしてノウハウの6つのポイントについて解説します。

 

 

1.最初は、お金をかけずに単調作業で収入を増やす事が出来る

(第一段階自動化の仕組みでもある、CWS Power Sourceの構築)
いきなりサーバーをレンタルしてシステムの設置設定をしなくても構いません 。

 

2.CWS Power Source構築作業の8割以上は簡単な作業で構築

実際に行う作業の8割以上は、コピー、貼り付け、クリックという右手で
可能な作業で完全無料でアンテナサイトを構築してアクセスと報酬を発生させる。

 

3.パワーを「CWS」へ流入させる

CWSの動力源ともなる、CWS Power Sourceにアクセスと報酬(自動化のパワーが
増して来ればそのパワーを「CWS」へ流入させる。

 

4.自更新されるサイトの仕組みを構築しながら報酬とアクセスを稼ぐ

CWS Power Sourceから、パワーを送りながら同じく、コピー、貼り付け、クリック
という作業をメインに繰り返しながら、どんどん自更新されるサイトの仕組みを
構築しながら報酬とアクセスを稼ぐ。

 

5.自動更新のクオリティは人工知能以上

完全自動という域に達せなくても報酬とアクセスを得る事が可能。、
自動の波に乗れば、サイトの自動更新が現実的になる。そのクオリティは、
人工知能レベルのサイト更新ツールを上回る。

 

6.多種多様なキャッシュポイント

キャッシュポイントは、物販、情報商材、アドセンスと多種多様に活かす事が
可能で既存のビジネスにも結び付ける事も十分似可能。

 

 

 


まだ他にも実績の画像は、ありますが、「日給2万円」ぐらいは、楽勝で超えていますし、この程度の数字であれば、やる気と行動力さえあれば、誰でも学ぶ事が確実に出来る筈です。

 


 

 

尚、これだけは、釘をさしておきますが、Clock Work Systemは、他の「自動化を謳う怪しい商品」のように 最初から自動化のシステムを設置すれば、報酬になるというものでは、ありません。


当然ですが、このCWSを「成長させるのは、あなた自身」です。


もちろん、できる限りハードルの高い作業を行わず、シンプルな作業の繰り返しで、成長させる事ができるのが今回の、「CWS」なのです。


最初は、お金を使わず、自動更新の仕組みを構築し、アクセスと報酬を稼ぎながら 更なる自動化の仕組みを構築するという流れですので、振れば動きだす、あるいは、ゼンマイを巻けば動きだす自動巻の腕時計のように「少し手を入れればしばらく自動で歯車が動く仕組み」を作り その歯車に更なる歯車を抱き合わせる事で、連動して自動化になる仕組みを作るというものです。


「そんな話がある筈無い」と思われるかもしれませんが、確信どころか、想像すらできない理由も頷けます。


何故なら、私が知る限り このCWSの仕組みを活用したノウハウは、今回のように大々的に出てきたのは、情報業界初であるからこそです。


人間は、イメージができないものを確信しませんから、信じられない気持ちは、十分に伝わっています。


だからこそ、”自動化の仕組みから生み出されるパワーを使って自動化の仕組みを構築する”という、CWS全体の仕組みは、あなたにとってまさに、未知の世界の特産物になるかもしれません。


つまり、その結果も「今までと違うもの」になる筈です。

 

 

 

ネットビジネスの業界で、自動とか、自動更新と聞くと、恐らくRSSを取得して、自動更新させる リンク集みたいなものを想像する方も居ると思いますが、私がこの手紙で紹介する 「CWS」は、そういったシステムとは、完全に異なります。


他人のサイトコンテンツを 引っ張ってくるような自動更新とは、完全に異なる仕組みを「振れば回り出す歯車」の力を使って自動更新される仕組みを作りあげるのです。


よくこの業界では、自動化=メールマガジンのステップメールなどの仕組みを連想する方もいると思いますが、そういったものも一切使う事は、ありません。もちろん、メールマガジンなどは、一切活用しません。


あくまでも、自動で報酬が積みあがる話ではなく、「自動でコンテンツが構築され自動で報酬が積みあがる仕組みを作る方法」なのです。


しかしこのように切り出すと、疑り深い人の中には、「CWS」は、既存のWEBサイトから、スクレイピングしてデーター取得する、あるいは、何かクローラーをしてWEBデーターを取得するのでは、ないか?と思われる人も居るでしょう。


もはや、ネットビジネス業界では、自動化のネタは数えきれないほど、出し尽くされており、少し知識のある方が予測してしまいそうな事まで 手に取るように私には、予測できてしまうのですが、そういったものとも異なった仕組みなのです。


人により感じ方も捉え方も価値観も違いますから、一概には言えませんが、そういった「ありふれた自動化系のネットビジネスを見てきた人」からすると、恐らく今回のCWSは、今ままでと異なる内容で、今までと違う結果が得られたり、ネットビジネスへの複雑さや困難なイメージが完全に変わるかもしれません。



もちろん、私自身も、今まで様々なビジネスモデルを経験してき中で一時的な失敗を繰り返してきました。


常に私の場合は、「とにかく、ハードルの高い事を乗り越える事が苦手」だったので、「自分にできる事」を中心に考えて、「楽をして稼げる話」に振り回されていた時期もあります。

もしかすると、その状況は、「あなたよりも悲惨な過去」だったかもしれません。


人間ですから、「楽して稼ぎたい」という欲に駆られ、「自動で報酬が生まれる」といった様々なものを手につけましたが、何1つとして上手くいかなかったのです。

 

 

 


まず、簡単、難しい以前の問題で、私が見てきた情報コンテンツの多くは、「自動化は事実でも合理的に稼げないもの」が多すぎです。


もちろん、こういった事も、何度も何度も、失敗を繰り返して、行動してきたからこそ、言える事ですが、
サイトなどからデーターを取得して自動で表示させたり更新させても、大事なポイントは、サイトとしての価値に対して、「どれだけのアクセスと報酬が生まれるのか」が大事です。


つまり、「質の高いサイト」を作ることが、最も「アクセスと収入」を作ることに結びつくのです。


残念な事に、自動更新されるだけで、アクセスや報酬が得られるとは限りません。


「自動収入」を謳う、多くのノウハウの「穴」は、まさにここにあると言っても良いでしょう。


RSSにしても スクレイピングにしても、全てWEB上にあるデーターを取得しているにしか過ぎないのですが、殆どのノウハウが、「情報を売る為の謳い文句の自動化システム」であり、実際に自動更新サイトが完成して、何個作って自動更新させても報酬にすら辿り着けないという話をよく聞きます。



もちろん、他人のWEBデーターを うまく活用した方法でも、稼げるノウハウもありますので、全てを否定しているわけでもありませんが、私は、何個も「売り文句だけの自動化システムを幾つも見てきました。


その多くの共通点は、「自動更新されても、アクセスも報酬も増えなかったもの」に該当するケースが多かったと思います。


少なくても「設置設定だけで簡単に自動化になる」などと謳っているものに関しては、9割は、「自動更新されても、アクセスも報酬も増えなかったもの」に該当するはずです。


そんなものに目晦ませるのではなく、無駄にならない作業を繰り返して、質が高く、アクセスと報酬が しっかり生まれる自動化の仕組みを作るほうが賢い選択だと思いませんか?


ありきたりな仕組みを使って小銭稼ぎをするよりも、どうせなら、「もっと質の高いもの」を構築して、「より大きなアクセスと報酬」を「よりシンプルな作業」で手にするほうが、お金も刺激も生まれる筈です。

 

 

 

 

CWSでは、第一段階で無料サービスを活用し、、コピペやクリックレベルの作業程度で 記事すら書かずにアクセスと報酬を増やしながら、その後に核となる、WEBシステムへアクセスを流し込み活性化させる手法となります。


つまり、”自動の仕組みを使って、更に自動化に追い込んでいく”という戦略なのです。


もちろん、自動の仕組みを使って更なる自動化と言うと、「道のりが長い」と思われたかもしれませんが、スタート段階の自動の仕組みを構築する部分から、報酬、アクセスも発生させていく事が可能ですので、他のノウハウ、あるいは、それ以上に早い段階でも収益を発生させる事が、十分可能となっています。


もちろん、”すぐに自動化、すぐに報酬が入り続ける仕組みができる”と謳っているような、情報商材のように、できもしない事を簡単そうに謳っているわけでもありません。


もちろん、誰もが出来る事を保証しているわけでもありませんが、少なくとも作業量に比例して報酬を積み上げていく事が可能な構造やシステムである…というわけです。


「出来るだけ、単調な作業の積み重なり」で成長させられる仕組みというものが、後ほど紹介する、2001年発足のWEBシステムの仕組みを活用したシステムであり、その構築方法こそがCWSなのです。


ただ、今までブログやサイトのコンテンツ作りで失敗してきたような人にとっては、きっと「新しい挑戦」になり、「新しい結果」になるのでは、ないかと思います。


もちろんそこには、CWSそのもののシステムが、今や多くの方が取り組んであろう、ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトとは、少し違ったコンテンツを構築していくノウハウだからです。

 

 

 

ブログアフィリとも違って、サイトアフィリとも違った仕組みを構築すると言っても、何もせず設置と設定だけで、全自動で収益に繋がっていくなどという話は、ありません。


時計も同じで、振る、ゼンマイを巻く、電池で動かすという様々な動力を生み出す作業がありますが、元となる秒針を自動で動かす為には、これらの作業は、避けて通れなません。


全自動の流れを作るまでの流れは、あなた自身が行う必要があるのです。


「もしかして、結構大変なのでは?」と思われたかも知れませんが、「やればやっただけ」の見返りは、十分に期待できる仕組みだと思います。


そもそも今回のCWSの仕組みは、「いかに単調なな作業の積み重ねで自動化の動力になるか」を意識しています。


これには、私自身が文章が苦手な事や、創作するという事が苦手だった事から、自分で長文を考えて作り込んでいかなければいけないネットビジネスを拒み続けた結果、2001年頃から発足し、15年以上の歴史を持つ、WEBサイトの仕組みに興味を抱き、その仕組みを活かす事を考えたのです。


この仕組みを利用する事で、”より簡単な作業で質の高い仕組みを作り上げる事ができる”と確信したのです。


なぜなら、「自動で動かせなくても簡単な作業で動かしてアクセスと報酬を得る事ができる」からです。


もちろん軌道に乗って、手放しでも自動で更新される魅力が一番大きいですが、この仕組みであれば、コンテンツ作りで タブー視されている、コピーやベーストといった作業が現実的に有効になるという部分を踏まえれば、より敷居の低い作業でも質の高いものを作る事が現実的にできると考えたのです。


もちろん、設置設定を終えればフルオートなんて謳っているノウハウの多くは、9割が「自動で動くけど、アクセスや報酬に繋がらないもの」だと言っても過言では、ありません。


ただ、できる限り、その中でも最小限の労力で報酬が高まる質の高いサイトを構築し、更にはアクセスと報酬の半自動化でも積み上げていくというのが、今回の、私のノウハウです。



そしてその”労力”といった部分でも、「軽くゼンマイを巻けば長時間動き続ける時計のような仕組み」を利用する事で、自動の仕組みから生まれる動力を使って自動で更新される仕組みや報酬が積み上げていく事が可能になるのです。


設置設定作業に関しても、構築段階の作業においても、一般的なアフィリエイトのように長文を考えたり、ハードルが極めて高いスキルや知識が必要となるような作業内容は、ありません。


とは、言っても、「簡単な作業を繰り返す」という必要がありますが、文章が苦手で創作工夫が苦手な私にとっては好都合の作業内容だったのです。


つまり、「誰でもできる事を誰よりもやる」という事で、比例して報酬は積み上がり、さらには、その力を利用してもう一つの仕組みを自動で動かし、キャッシュポイントを積み上げていくという現実的な図式なのです。


後ほど、私が、確信を抱いたシステムが何なのかは、後ほどお伝えしますが、その前に、動力元となる自動
化の仕組みを作る作業、そして大元となる仕組みを構築する流れについてご説明していきます。

自動更新のカラクリとは、ツールが書き込みを行うのではなく、人工ではなく人間そのものが、更新していくサイトです。簡単に言えば、「書き込む理由」を与える事が自動更新の鍵となります。


本システムには、記事を第三者でも編集、追加できる機能により訪問者が記事を構築できる仕様となっており
今流行りの WIKIの仕組みを使ったものとなっています。


”あくまでもWIKIの仕組みで、都合の良い、良いを導入したもの”がCWSなのです。


WIKIそのものの目的は、「自由に利用可能な百科事典を みんなで作る」というものです。


ですので、自分で更新は、もちろんできるし、訪問者も自由に編集が可能なサイトです。


主には、1つのテーマで1つのページが形成され、最終的には、1つのページに様々な関連性のあるコンテンツを構築していくWEBコンテンツなのです。



WIKIと言えば有名となるサイトは、ウィキペディアです。
https://ja.wikipedia.org/



もちろん、こんな膨大なサイトを作れと言ってるわけでは、御座いませんが、みんなで作る事も自分で作る事もできる上に、自分で構築するとしても、「記事を書く」という感覚とは、異なり「知識を伝える」というだけですので、文章を書く事が苦手な人でも、1つのテーマに必要な情報を集めていく事で需要のあるSEOにも強いサイトを構築する事が可能になります


CWSのシステムで構築できるサイトデザインは、合計2種類となっています。

1.CWS PopularClassic

・ポピュラー版は、今風のデザインを意識したテーマとなっています。
・クラッシック版は、「wiki」をイメージするデザインとなっています。


※提供は、先行価格が終了して、値上げ後のタイミングで配布開始します。

既に参加済みの方や、今、購入して頂いた方には、全員無料で配布されます。
詳細は。購入者通信で無料ダウンロードのご案内を送信します。

※画像は、イメージです

・背景画像などのレイアウトカラーは、カラーパレットを使えますので、無限のカラー色を ご自由にお好きな色に変更できます。

・ヘッダー画像も自由に差し替えが可能です。

・上下、あるいは、コンテンツ内にも広告挿入が可能です。


・背景からメニューまで、あらゆる部分のカラーの変更が可能でレイアウトのカスタマイズにも適したテンプレートとなっています。

ポピュラー版、クラッシック版ともに、どちらも第三者がWEB上から編集が可能になっています。
もちろん、編集されたくないものは、編集できないように設定可能です。

 



テンプレートは、もちろんですが いずれも構築段階で、
SEOに、非常に効果的な構造に作りあげていきますので、 どちらを使っても
アクセスアップには、有利になる筈です。



「一体、ブログやサイトと何が違うのだろうか?」と思われるかも知れませんが、ブログを構築して売れるコンテンツを作るよりも 必要な情報を拾って集めていく事で作成できますので、、一般的なアフィリエイトコンテンツよりは、「何から初めてどのように作成するか」のイメージが非常に分かり易いのも特徴です。


何より、文章を作ると言うよりは、「ただ解説する」わけですから、明かにハードルは低い筈です。


ブログでは、成り立たないコンテンツでも、Wikiでは、成り立ってくるという事なのです。


また、もう一つ、CWSの特徴は、一般的なWIKI文法を使いません。


WIKIは、非常に濃厚なコンテンツを作り易い反面、操作が複雑という難点があるのです。


もちろん、慣れてしまえば他愛も無い事かもしれませんが、一般的なブログやサイト作成に慣れてしまっている人からすれば、少し手間が掛かります。


もともと、コンテンツの作成においては私自身も無料サービスなどを使っていましたが 広告の面でフリーで借りるものの多くは、自由な広告スペースも僅かで ほぼ運営者の広告で成り立っているのです。


そして、本格的なものは、設置も困難で、尚且つデザインの融通も効きにくい上に、分かりづらいWIKI文法など…慣れれば他愛もない話ですが、初心者には、ハードルが高いので、今回、ノウハウとして打ち出す為に、WIKIの仕組みの重要なポイントを取り入れて、WIKI文法などが分からなくても、普通にブログやサイトを作る感覚で構築できるように作成したものがCWSなのです。


でも、「誰からも更新されなければ、自動になるのか」と思われるかもしれません。


しかし、「人が編集するか編集しないか」は直接報酬とは、関係ありません。


つまり、訪問者が自然に編集を繰り返し自動更新される状態になっていなければ稼げないわけでもない
自動更新されなくても、一定のコンテンツができあがれば、殆ど手を加えなくてもアクセスが安定し、そのアクセスからも報酬が発生する仕組みを作る事が可能なのです。



これらは、結論から言えば、自分が更新するか自動で更新するかの違いですが、自動であろうと自分で手動で構築されようと、サイト単位の報酬には、直接関係ないのです。


あくまでも自動で更新されるから、自動で報酬が積み上がるといったわけでもなくCWSのコンテンツそのものがSEOにも非常に有効な構造を意識して構築していきますので、一定のコンテンツが完成した時点で、自動で書き込まれる、書き込まれないに関わらず、アクセスや報酬も安定してくるのです。


つまり、「自動で更新されない」としても、「自動で更新されるようになる」としても、目指すべき最終形態としては、それほど大きな大差が無いのです。


この、CWSに至っては、自分がやるのか?第三者がやるのか?の違いですから、その第三者がやるべき事を自分でやっても、作るコンテンツの目的は同じであり、最終的には、同じような結果が得られてしまうのです。

 

 今回のCWSは、「WIKIの仕組みと構造を使う」というものですが、しかし、「自分でやるならブログでも良いのでは、ないか」と思われるかもしれませんが これは、そもそもサイトそのものが持つ目的が根本的に違えば、仕組みも異なるのです。


WIKIというコンテンツの趣旨と、一般的なブログやサイトとは、明らかに異なるのです。


まず第一に、一般的なサイトは、「自分で更新する為のもの」であり、WIKIに関しては、第三者も編集する事が前提となっているコンテンツですから、この時点でも大きく変わってきます。


WIKIで構築するものは、全世界のユーザーと情報を共有して、誰でも編集可能な、大百科事典を作る目的のWEBシステムです。


よって文章が上手いとか下手とかではなく、必要とする情報を必要に応じて書き加えていく というもので、文章を作成して1つのコンテンツを作るような一般的なブログとは、全く構築方法も構造も異なってくるのです。


あえて言うならば、「最初にどういった投稿をして、次にどういったものを作れば良いか」が、一般的なブログやサイトのコンテンツを作る流れよりは、「やるべき事」も明確で、「どのように作れば強いサイトが構築できるのか」についても分かり易い筈です。

 


それでは、CWS構築までの流れが、一体どのようなものなのか? これについて順番に解説していきます。


動力源となる自動化の流れ

 

1.自動化の仕組みの元となるシステムをレンタルする

マニュアルで指定したWEBサービスへ登録して貰います。利用は全て無料です。
必要事項を入力するだけですので面倒な設置作業など一切必要ありません。
ジャンルによってそれぞれ異なるアンテナサービスを紹介しています。
一度手を加えれば完全自動更新となります。

 

2.システムの設定を行う

レンタルした後は、管理画面上より 自動更新設定を行います。
この作業においても検索とコピペ程度で完結する作業内容です。マニュアルでも手順を解説しています。

 

3.キャッシュポイントの設定を行う

こちらは、任意作業ですが この動力源となる最初の仕組みも アクセスと報酬を獲得する事が可能です。
一番適した広告をシステムを紹介していますので、システム内に組み込んで頂きます。これによって触らなくても、自動更新され報酬が発生する仕組みが構築されます。

 

4.データーの確認とメンテナンス

設置設定が終えれば、指定の管理画面からデーターの確認などを行い、必要に応じて、簡易的なコピーや貼り付け、クリック作業によって報酬やアクセスを増やしていく事が可能です。
増やせば増やすだけ比例して報酬も増加させる事も可能ですが、注意点などもありますので、しっかり読んで取り組んで下さい。

 



自動更新されるまでの一連の設定作業は、早ければ1つの仕組みにつき僅か5分程度で完成します。


もちろん限度は、ありますが、「多ければ多いほど有利な仕組みを構築できる」という事には、変わりありません。

一定の動きがでてくれば次に大元となる「CWS」の仕組みを構築します。

CWS本体の設置設定の流れ

1.システムの設置設定を行う

システム本体をサーバーに設置、設定して頂きますが面倒なFTPツールなどは必要ありません。
「何が必要で、どこをどのように操作して設置設定すれば良いのか」を具体的に解説していきます。

 

2.WEB上からデーターを収集して、挿入していく

設置設定を終えれば、管理画面にアクセスする必要は、ありません。テーマを決めて、必要なデーターを あらゆるWEB上から取得してCKTに次々に挿入していきます。
テーマを決めて 必要な情報を収集していく…といった流れですが、実質その作業の大半は、「コピペとクリック」程度の作業の繰り返しです。

 

 

3.動力源となる仕組みと連動させる

最初に構築した、動力源となる自動アンテナシステムと連動させます。
この作業についても ほんの数分で実装できます。
CWSには、動力源となるサイトを含む3つのポイントからアクセスを流入させる仕組みを導入しています。

 


最初の内は、高度な完全体を求めなくても良いので、まずは、「やれる事をやれるだけする」という事によって、報酬も比例してくるので、ステップバイステップで、作業を進めていきます。


誰かにセールスをする文章を考えたり、面白い文章を考えるような要素は、ありません。
頑張れば頑張るだけコンテンツ構築が進みアクセスと報酬を増やしていく事が可能です。

 

 先ほどから、何度も伝えていますが、手動であろうと自動であろうとコンテンツが増える事によってアクセスも増えれば、検索エンジンからの評価も変わってきますので、ブログでいえば、「パワーブログ」のようなコンテンツが完成していきますが、「自動」にならないと報酬に繋がらないわけでは、ありません。


スタート段階で行う手動作業と言っても、非常に簡単で、「検索と、コピペとクリック」が主な作業となりますが、
この段階でも作業に比例して自動更新サイトも活性化して、報酬に繋がってきます。


長期的な目線で見ると、「自分が行っている作業を自動化するもの」ですので、自動と手動でサイト単位で収入に大差が開くわけでもなく 自動と手動で構築されたサイトのパワーで収入が増加してくるといったイメージです。


つまり、「自動構築されるまでのハードルが高くて稼げない」といった問題もなく、ご自身の作業によっても十分に収益の構築が可能なのです。


だからこそ、「やれる事を頑張って積み上げてみる」という感覚で報酬を まずは獲得して積み上げて欲しいのです。


むしろ、手動でしようと自動になろうと、そのサイト単位の収益には大きな変動もなく、手動であろうと、自動更新になっても、アクセスと報酬が生まれ続けるパワーサイトを構築してしまえば、アクセスと報酬が生まれ続けるサイトが構築できるのです。


ただ、言える事は、このシステムそのものと私が教える方法を使えば「検索エンジンに好かれるコンテンツ」を簡単に作りあげるだけでなく、人口知能をも超える、自動更新されるサイトが構築できるという事です。


「いつもブログやサイトを作成しても、報酬もアクセスも稼げません‥」そんな方も居ると思いますが、今回のノウハウは、すべて1からオリジナルでコンテンツを作るものでは、ございません。


作れないものを作って反応が取れないよりは、作れる物を作って反応がある方が良いという事は、言う間でもない筈です。


また、薄いサイトを量産するよりは、パワーサイトを作りあげて、1つのサイトで、高額報酬を得ていくものの方が、モチベーションも保ちやすいですし、作業量も軽減できる筈です。



その手順も1から順番に初心者でも理解できるように、公開していきます。


初心者の方でも安心してお使い頂く事が可能です。


それでは、今回、私があなたにお渡しする、CWSのノウハウ、及びシステムの内容をについて紹介します。



・CWSの全体像とは?

「自動化の仕組みを使って自動構築を実現する」その仕組みの全体像を解説します。

・ブログやサイトの構築と明らかに違うCWSの構築と強みとは?

今までブログやサイトが苦手だった、うまく作れなかったという人も居るかもしれませんが
今回のCWSの構築は、また違った方法です。もちろんブログやサイトのコンテンツ作りよりも分かり易く作り易い上に、サイトそのものがSEOに強くなるという特徴があります。

・CWSのノウハウを全て無料にして、取り組む方法

本ノウハウのCWSは、WIKIの仕組みをモデルとしたものであり、実際に無料レンタルのWIKIシステムをうまく活用しても取り組む事が可能です。ただし、CWSと比較すれば、収益面、そしてサイトコンテンツの所有や操作面に関しても無料レンタルは不利になります。ただ、簡単に無料で取り組む方法についても解説していきます。

・「検索にも強く自動構築、不労収入」を実現するために必要とするCWSの動力源ともなるあるWEBサービスと、その設置設定方法とは?

動力源となる仕組みに関しては、実質お金を使わず、利用できるもの、更には、収益化にも検索エンジンにも有利なサービスを公開します。
もちろん使い方は、シンプルなものですが、その具体的な使い方も図解説付きで解説します。

・CWSの動力源となる、CWS Power Source仕組みとは?

CWSは、ある自動化の仕組みによって蓄積したパワーを動力源として動きます。
一体、CWSの1つの動力源となる仕組みとは?ほぼコピー&ベーストレベルの作業で動き始める仕組みを解説します。

・動力源の1つでもあるCWS Power Sourceに挿入するべきデーターの僅か数分で完結する2つの抽出方法とは?

動力源のサイトとなるシステムは、何もしなければ、何も動きません。データーをコピー&ベーストで挿入していく事で稼働するものとなっています。実際にこのデーターを より効率良く挿入する為の2つの方法を紹介します。

・動力源となる”自動化のCWS Power Source”を使って、即効性の高いアクセスと報酬を稼ぎだす手順とは?

「より早くCWSの威力が見たい」という人も居ると思いますので、今回は、動力源となる自動化の仕組みをより活性化する為の手法も 納めました。
もちろん、何か効果の高い攻略方法は、難しいものと考えていませんか?
私の教える方法は、簡単なクリック作業やコピーベーストという単調作業で乗り越える事が可能です。

・自動で更新、自動でアクセスが流れ込む、最強の仕組み作りに必須の海外の無料サービス

誰もが求める「全自動化」に加えて、アクセスを集め報酬に結び付く流れを構築するものが今回の無料サービスです。「ただの自動で動作するだけ」ではなく、「アクセスを取り入れる」意味のある自動の仕組みを構築する為の仕組みと手順を紹介します。
もちろん機械的に処理して頂く事で活用できます。

・動力源となるCWS Power Sourceのキャッシュポイントとは?

今回、この CWSの動力源となるサイト「CWS Power Source」の稼働に伴いキャッシュポイントとなるASPなどを まとめて紹介しておきます。ジャンルに合わせて選択して下さい。

CWS Power Sourceをより活性化させてアクセスと報酬を「コピペ程度の作業」で得られる一石二鳥の仕組みとは?

構築して自動更新する、CWS Power Sourceに より多くのアクセスと報酬を発生させる方法を紹介します。簡単な作業で1日1回でも取り組む事でも報酬、アクセス以外にも更に少額収入をも生み出してくれる方法を公開します。

・2016年対応のGoogleアドセンス取得方法

CWSでは、アドセンスを活用する事が可能です。アドセンスを使う事は任意ですが
2016年よりGoogleアドセンスの取得方法が変更になりました。独自ドメインでは取得できないなど以前より審査基準が変更されています。新しいGoogleアドセンスの取得方法を図解説付きで解説します。

・コンテンツを作らなくてもCWS Power Source外部からのアクセスを自動で継続的に取り入れる方法とは?

 記事もサイトも作らずに、全自動でアクセスを集める方法を紹介します。
検索エンジンなど関係なく、この方法を導入すれば、記事すら書かずコンテンツも作らずに
日々アクセスが流れ込んでくる状況を作る事
が可能です。

 



恐らく早ければ、このCWSの自動化の動力源となるシステムの自動化の時点でも
報酬は十分に期待できる筈です。



もちろん、このCWS Power Source構築段階でお金は一切掛けずに取り組む事ができます。


もちろん、構築段階の中で、あなたは、長文を創作したり考えたりしなくても構いません。
一度仕組みを作りあげれば単調なメンテナンス作業を数日に一度する程度で後は、放置でも機能してくれます。


続いては、CWSの構築に進んで頂きます。


CWSの構築は、動力源となる1つの仕組みを動かしながら好きなタイミングで構築して頂いて構いませんが、CWS1つの運営で掛かる経費は、サーバーやドメインによりますが、月額400円〜500円程度から十分に運用可能です。

 


・CWSが稼働する コストを最小限に抑える為のサーバー及び環境と設置方法

一定の条件を満たすサーバーであればCWSは作動します。
設置設定は、FTPなどを使わずWEB上で行えますので、ご安心下さい。

・CWSの設定方法とは?

CWSは、WIKIの仕組みを取り入れたシステムです。
設置を終えれば、図解説で、どこをクリックしてどこに何を入力するのかを
解説しますので、機械的な作業で図解を見ながら設定をして頂きます。
僅か10分もあれば、十分に可能です。

・CWSの構築手順 利益が積み上り易いジャンルの法則とは?

ただ、何でも作れば良いというわけでは、ありません。
ある程度のアクセスや利益を考慮するならば、「利益が上がりやすいもの」を選んで作る方が賢い選択です。どういった広告やジャンルが適しているのか 具体的に解説していきます。

・システム設置後最も始めの段階で作るべきページその作り方とは?

システムの設置などを終えれば一番最初に作るべきページについて解説します。明らかにブログやサイトとは、異なるコンテンツであるからこそ、重要となる部分です。
まさにブログには、必要が無い、CWSには、必要があるといったページです。

・初回のページ作成段階で、最も気を付ける部分とは?これを怠ると CWSの稼働に支障が出るページ生成時の設定の注意点とは?

初回の構築段階では、ページの中身以前に、最も気をつける部分があります。
とくに大変な作業を行うわけでは、ありませんが簡単にできる設定を忘れて稼働してしまう事で、作成したCWSそのものの運営に支障が出るので、必ず確認をして取り組んで下さい。

・CWSの構築の際に、ぞっとするような内部リンク構造 例え100ページであろうと500ページであろうと僅か、数分の作業で、全てのページにリンクを貼る方法とは?

そんな早くできないだろう、そう思う人も居るかも知れませんが、今回、私が紹介するツールを使う事で、過去に書いた記事も、今後書いていく記事についても全てリンク構造を僅か数分の時間で簡単に構築できます。


・何故、コピー&ベーストが8割占めるような作業でも検索エンジンに好かれるのか?

コピー&ベーストと聞くだけで否定したい人も居るかもしれませんが、今回のCWSのノウハウに関して言えば、大半がコピペの積み重ねのコンテンツでも十分に検索エンジンに嫌われないコンテンツを作り込んでいく事が可能です。もちろん卓上の理論とは、異なり、「なぜ大丈夫なのか」 私の理論を解説します。

・CWSで最も需要の高いジャンルと そのジャンルに適した効果の高い広告とは?

CWSで最も適したジャンルに加えて、そのジャンルに適した広告とは、どういうものか?
例えアクセスが多くても広告を間違えると報酬も伸びません。
具体的に、どういったジャンルとどの広告が相性が良いのかを解説していきます。
もちろん、決して難しい話では、ありません。

・2種類の自動化の考え方について

CWSで考える自動化は、2つに分かれています。1つ目は、自動で更新される仕組み、そしてもう一つは、自動でアクセスと報酬が入り続ける仕組みです。
最終的には、何を目指す方が良いのか?その為には、何を意識するべきなのかを解説します。

・コピペが有効になる理由と、有効にする為の最も重要となるポイントとは?

コピペメインの作業と聞くと、検索エンジンに嫌われるといった懸念を考えるかもしれませんが、ここで紹介する3つのポイントを理解すれば、実質、コピペメインでオリジナルコンテンツが完成する事が分かる筈です。

・WIKIとブログの構築で最も異なるポイントとは?

WIKIと言ってもブログのような印象を持つ人が居ますが、サイトそのものが持つべき目的や、構築方法が根本的に異なります。順番に一番初めに何を作り、どのように展開していけば良いかをステップバイステップで紹介していきます。

 

 ・CWSの構築にあたり、ジャンルを決めた後にやるべき事とは?

ジャンルが決まりテーマが決まれば、どんなジャンルでも共通して「効率良く展開していく方法」があります。その手順やポイントについて解説します。やるべき事が明確化され、どんどん手が止まらなくなる筈です。

・なぜ、WIKI系のサイト構成が検索エンジンに強いのか、その恐るべき答えとは?

WIKIを意識した構造のサイトは、非常に検索エンジンにも有効だという話をしましたが、WIKIの特徴でもある構造の1つで参考になる「あるサイト」ここを見れば、WIKIの構造が検索エンジンにも有効で、「何を意識すれば良いか」が分かる筈です。

・ 著作権問題についての考え方と合計4つの打開策について

コンテンツを作成していると出てくる、著作権問題。もちろん、中には、気になる人も多いと思いますが、「細かい事も気になる人」の為に4つの打開策について解説しました。是非有効活用して下さい。

・各ジャンルでCWSを活かす為の構築手順とは?

早速作るにしても、イメージが沸きにくい人の為に、ゲーム、投資、ダイエット関連、そして、アダルトジャンル(エロ系ではない)の作成ポイントをまとめてみました。
かなり応用できる上に、自分がやるべき作業も明確化できると思います。

・まだ、殆どの人が認知していない新しいシステムオファーで6万円以上の報酬を獲得した、キャッシュポイントとは?

現在、殆どの人から認知されていない、アフィリエイトオファーとCWSを組み合わせた方法を紹介します。まだまだライバルも少なく、実際に1ヶ月6万円程度の収入が上乗せされています。このオファーを使って報酬を得るポイントについて解説します。

・CWS管理画面から行えるアクセスアップの方法と 効果を高める為の注意点とは?

当たり前の話ですが、アクセスは一人でも多い方が良いです。SNS連動も視野に入れますが
できる限り単調な作業で、少しでも多くのアクセスを集める方法
を解説します。


 
1章と2章は、このような流れとなっていまして、別途、CWSの設置設定マニュアルが付属します。

そしてもう一つ、CWSには、作業を効率化させる為のツールが付属しています。

 

CWSスコープは、コンテンツを追加していく際に、編集画面上でWEBブラウザを表示させて、タブの切り替えをしなくても、情報を収集できる、作業効率を第一に考えたツールです。
タブを移動する僅かな時間すら無駄にせず、できる限り、最小の労力で編集ができるように配慮しました。もちろん利用は、自由ですので必要無ければ、管理画面で閉じる事ができます。

 

 



もちろん、CWSは、ノウハウもシステムも、今取り組まれているビジネスにも有効な仕組みであり集客ツールにもなり得ます。あなたの環境に合わせて、活用して下さい。


全体の内容の一部を紹介しましたが、まだまだ不安な事、疑問に思う事があると思います。
年中無休で、質問は受け付けておりますが、以下に、よくある質問と回答を まとめておきましたので
是非参考にして下さい。

 

 

Q サーバー費用やドメイン費用は、毎月幾ら掛かるでしょうか?

A 月間にして500円以下で運用が可能です。なお、最初から月額費用が必要となるわけでもありません。最初の仕組み作りの段階では、お金を使わず取り組んでいくことが可能になります。

 

Q サーバーは必ず必要ですか?推薦サーバーは、どこですか?使用できないサーバーはありますか?

A サーバーに関しては、CWSを使うに当たって基本的に必要ですが初期の段階ではすぐに必要というわけでは、ありません。またサーバーに関しては、基本、ワードプレスを導入できるサーバーであれば動作すると思いますが、現時点で確認済みのサーバーは、 ロリポップ、エックスサーバー、FUTOKA、ヘテルム となっています。
全てのサーバーの確認はしておりませんが 上記のようなメジャーなサーバーでの動作は問題ないと思います。ただ、全てのサーバーを確認したわけでは、御座いませんので、できる限り、推薦サーバーをお使いください。

Q システムの設置は難しくありませんか?

A 当システムはFTPなどを扱わずWEB上で設置設定を行いますので、非常に敷居が低いものと言えるでしょう。もちろん最初の実践段階では、すぐにシステムの設置が必須というわけでは、ありません。非常に簡単ですから、わからない場合は、こちらでもサポートが可能です。

 

Q どの程度実践すれば報酬になりますか?

A これは、一概に言えませんが 作業に伴う報酬は、準備作業などを終えて取り組んでいただければ、数日以内にでも報酬が発生することは、十分にあり得ます。作業量やスタート日からの時間に比例して報酬の早さや金額が変わってくるようなイメージです。

 

Q 自動更新までの最初の作業というのは、ハードルが高くありませんか?

A 私が教える方法は、データーをWEB上から取得後、殆どコピペ程度で可能です。基本的に、自動でも自動でなくても行う作業は、難しいものでは、無いと思います。
何か分からない事がありましたら、サポート期間を設けてありますので、サポートまで問い合わせ下さい。

 

Q 最短で何日で報酬が発生しますか?

A 様々な要素がありますが、最短で1週間以内にも 報酬が伸びてくるケースもあります。

 

Q CWSのシステムは、複数設置可能ですか?

A もちろん可能です。サーバーを分けたり、サーバー内でもドメインを振り分けて何個でも設置が可能です。本来、1サイト毎にライセンス料金が発生しますが、今、現在手にして頂いた方にのみ、ライセンス制限を解除しております。

 

Q ライセンスの事を考えると、今 導入した方が宜しいのでしょうか?

A 例えすぐに実践できなくても、今であればライセンス料金が不要ですので かなりお得かと思います。私は、どの段階で購入頂いても構いませんが1つや2つのサイト単位でライセンス料金が掛かるより今の段階で手にしておけば、同じ金額でも何個でも作ってしまう事ができます。
もちろんライセンス体制になった場合でも、今、先行で購入された方は、関係無く「WWW」を利用して複数のサイトを運営する事が可能です。

 

Q 今、手にするデメリットは何かあるのでしょうか?最新のバージョンなどが出てしまったりとか…

A ご安心下さい。今後のアップデートは、いつ購入していようと関係ありません。
常に最新版を導入できます。購入時にお渡しするダウンロードURLより 更新やアップデートの際には、最新版をダウンロードできます。つまり。今導入しない事のほうがデメリットになると思います。価格についてもライセンスに関しても言える事です。尚、いつからライセンス制にするかは、現在協議中です。

 

Q 1つのサーバーでシステムは複数設置可能ですか?

A もちろん可能です。例えばロリポップでワードプレスを使えるプランであれば、最低でも10個の導入は、十分可能です。

 

Q 今までワードプレスの管理画面がうまく使えず挫折した経験がありますが大丈夫ですか?

A ワードプレスの全ての機能やプラグインを使うのではなく、一部の機能やプラグインを活用するものですし、一般的なワードプレスを使ったブログを運営するノウハウとは異なります。もちろんノウハウの流れで、ワードプレスを使う必要な手順は、図解説付きで、「どこをクリックして進んでいけな良いか」などを具体的に提示していますので、ご安心下さい。
一度システムを設置すれば、ブログアフィリエイトのように、ワードプレスの管理画面に頻繁にログインする必要もありません。

 

Q CWSを使えば確実に稼げるのですか?

A CWSを使えば稼げるのではなく。システムはもちろん、ノウハウなどを読んで頂いて、実践して頂く事で数字が伸ばせるようになる事が可能になります。正直言いますが、CWSを構築する上での手順は、明確ですが、作業量やジャンルによって、個人差は、必ず出てきます。ただ、取り組みまして、1円も報酬を獲得できずに終わる人は、間違い無く居ないだろうと思います。

Q 1日何時間の作業が必要ですか?

A 作業時間に決まりはありません。もちろんですが皆が皆、同じように結果が同じように出る事を保証するものでは、ありませんし、作るジャンルやキーワードなどによっても大きく変わってきます。
もちろん、自動モードに突入すれば、そのサイトに掛かる時間は、ほとんど必要なくなりますし、もちろん
作業すれば作業しただけ作業量に比例して報酬を伸ばす事が可能です。
ご自身のライフスタイルに合わせて設定して取り組んで下さい。

 

Q MACでも動作しますか?スマホやiPhoneでも実践可能ですか?

A WEBシステムですからパソコンの機種には、依存しません。MACでもウィンドウズでも、インターネット環境がありましたら、実践可能です。
スマホなどからの実践は物理的にWEB上の作業ですから不可能と言いませんが、パソコンからの実践を標準として考えております。

 

Q 収入が入る周期は、どのようになりますか?

A 収入が入金される周期は、ASPに異なります。大体のASPが月締めの翌月末〜翌々月ぐらいの支払いになると思います。

 

 

 

 何か質問などがありましたら、support@wwwwwwww.link  まで ご連絡下さい。

 

 

 

※CWS FREEサポート期間について

CWSでは、「もしも躓いてしまったら不安」という方の為に無料のサポート期間をご用意しております。
購入日より30日間は、メールによるサポート体制を実施しております。

「システムが正常に動作しないけどどうしよう・・・」
「なかなか、アクセスが集まらない…」

「こういう場合は、どのようにすれば良いのだろうか」
…etc

など 一人で実践していると、分からない事が出てきたり、悩んだりする事があると思います。
そういったケースも踏まえて、ノウハウについて、そして、システム的な問題について、それぞれのサポートを
購入日より30日間お付けしています。是非活用して下さい。

 

 



CWSは、「自動化のパワーを使って自動化の仕組みを構築する」という新しい戦略、新しいシステムだとお伝えしました。


そして、最後まで取り組まなくても、途中でしっかりキャッシュポイントを得ていける仕組みだからこそ、できる限りモチベーションを維持しながら挑戦できるような流れを意識しています。


「頑張ったけど稼げなかった」ではなく、「頑張った分だけ収入を得られた」となれば、モチベーションもやる気も増して、どんどん勢いがついてパワーが漲ってくるはずです。



構築段階から、CWSを構築して自動化に到らなくても作業量に比例して、アクセスと報酬を獲得していく事が、十分に可能であり、文章が苦手な人であっても取り組めるような作業内容とシステムを使った解説をしています。


今回、私の提供する、CWSを手にして頂ければ、以下の5つのコンテンツとサービスを受け取る事が可能です。

 

 

 

 


これら5点全ての提供価格についてお話します。

まず、一点。私のノウハウを取り組んで頂ければ、1円も報酬を稼げずに終わるといった可能性は、私には、その状況が考えられません。

もちろん、作業量やスピードによって個人差もありますが、一定の高いハードルを乗り越えないと稼ぐ事ができない、他のビジネスノウハウに比べ、最初の段階の仕組み作りの敷居も低く、実践当初から収益やアクセスが期待できるものですので、どう足掻いても五万、十万といった価格でなら損のしようが無いと思うのです。

また、もう一点。


先ほどのQAでも伝えましたが、この先、このCWSには、1サイト単位でライセンス制にする予定です。
金額などは、定めておりませんが、増やせば増やすだけ有利になるという事も踏まえると、一個買うだけで、幾つも量産できるのではなく1個サイトを増やす度に課金するライセンス制にする予定です。


ただし今、現時点で導入された方には、ライセンス制を導入せず 何サイトでも使えるようにしています。
もちろん途中でライセンス制になっても、何個量産しても費用は、掛かりません。


本来、サイト数に制限なく使える時点でも 5万、10万では、収まりつかない金額が妥当ですが、今回は、ライセンス制限無しで、31800円で提供します。

 

 ※1度このページを閉じると、特別先行販売価格での購入が、できなくなる可能性があります。

 

 

 

 

 「成功の鍵は、苦手な事を避け続ける事で発見できた」

 
大橋です。

最後まで購読頂いて有り難うございました。

これで最後となりますが、「なぜ私が成果を出せたのか」を伝えさせて下さい。


CWSは、私の経験を活かしながら、初心者を配慮して作成いたしました。
一般的にブログやサイトで、報酬が入り続ける仕組みを作る事は、ハードルが高いです。

なぜなら、「高度な文章力で人を魅了する」なんて事が、できますか?

そういった事が、完全に苦手で避け続けたこそ、WIKIのコンテンツと仕組みに興味を抱いたのです。


もちろん、難しい事に挑戦しなければ、いけない事も理解していますが、今回のCWSに関しては、
「苦手な事を避け続けた」 という結果から、生まれた仕組みなのです。


努力、訓練、時間を費やせ…数多くの事を言われてきました。


ある意味、そう言った話に耳を傾けていれば、CWSの存在も、今この場で あなたに出会う事も無かったと思います。


だから、今では、「苦手な事を避け続けた事」に後悔は、していません。


人より楽を追い求めて、数多く行動して、何度も失敗をし続けて、一番可能性を抱いたものが何なのか。


もちろんアップセルもバックエンドも用意するつもりは、毛頭ありません。
この CWSで全てを出し尽くしました。



「自分が出来る事を精一杯やりたい」そんな思いがあれば、是非、マニュアルの中でお会いしましょう。
サポートでも、あなたが参加してくる事を 心よりお待ちしています。
 

  ※1度このページを閉じると、特別先行販売価格での購入が、できなくなる可能性があります。

 

 



特定商取引に基づく表記

販売者名 野口企画
所在地 和歌山県新宮市野田8番34号2番
電話番号 05035981430 (電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
メールアドレス support@wwwwwwww.link
販売URL http://wwwwwwww.link/www/
商品種別・商品代金 販売ページに記載 特別先行販売価格21800円
冊子版代金 商品ページ数に応じます。料金は決済画面をご確認下さい。
お申込み方法 Web上のお申込フォームから(24時間受付中)
お支払い方法 クレジットカード決済(VISA、MASTER、JCB)、銀行振込 (月額課金サービスはカード決済のみ対応)
お申込みの有効期限 銀行振り込みの場合は原則7日以内にお願いいたします。 7日間入金がない場合は、注文をキャンセルとさせていただきます。
商品の引渡し時期 決済完了後にアドモールのマイページからファイルをダウンロード。 購入者通信に登録後、ダウンロードURLを送信します。
不良品・破損時の対応 ※冊子版の不良品等は アドモール へご連絡ください。 確認後再送させていただきます。 ※ダウンロード商品については本ページに記載される「サポートメールアドレス」 までご連絡ください。
返金について 情報商材という特質上、購入後はいかなる理由や状況においても返金などには一切対応しておりません。操作ミスによる重複注文も含みます。また、通信販売ですのでクーリングオフは法的に認められておりません。販売ページに返金規定が記載されている場合の返金の交渉は情報提供者と行ってください。 返金をめぐり販売者とトラブルが起きた場合は アドモール へご連絡ください。返金の実行の有無の権限はアドシステムが有しています。
プライバシー保護 個人情報に関しましては、弊社で厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。当該個人情報は法律によって要求された場合、権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き、第三者に提供する事はありません。
表現、及び商品 に
関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。いかなる場合においても返金規定以外の購入後の返品、返金は受け付けません。尚、購入後、利用サイトの仕様変更や規約変更、情勢的なものの変化により実践が困難になる場合には、最新版のマニュアルとツールを用意しますが、その際には、お時間を頂く場合がございます。その点は予め了承下さい。あくまでも本商品は制作した時点での作者の見解による著作物です。常に販売している以上、管理は継続しますが、予期せぬ問題の場合は販売者は、購入者に対して最善の仕様変更などを行うものとします。また実践に関する過失や損害などは、一切販売者、または販売会社も責任を負うものではなく購入者は、いかなる権利も行使しないものとして購入してください。ここに記載された内容を確認して承諾し、ご自身の判断で活用するものとします。購入された時点で上記内容全てに同意したものと見なします。